キヤノンITソリューションズ株式会社
GUARDIANWALLシリーズ
GUARDIANWALL MailSuite GUARDIANWALL WebFilter
サポート情報(GUARDIANWALLシリーズ)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 611
  • 公開日時 : 2019/06/07 11:13
  • 印刷

クライアント IP アドレスを「X-Forwarded-For」ヘッダーに付与することはできますか?

回答

製品に接続してきたクライアント IP アドレスを「X-Forwarded-For」ヘッダーに付与し、上位プロキシーサーバーへ送信することが可能です。
 

◆「X-Forwarded-For」ヘッダーにクライアント IP アドレスを付与する設定

  1. 管理サーバーの設定ファイルを編集する
    管理サーバーの以下の設定ファイルを編集してください。
    なお、複数の検査サーバーを登録している場合は有効としたいサーバーすべての設定ファイルを編集してください。
    • 設定ファイル
      /opt/Guardian/Admin/etc/admin/server/<サーバー ID>/httpd.conf

    • 設定例
      ProxyXForwardedFor On

  2. 検査サーバーへ設定を反映する
    検査サーバーへで以下のコマンドを実行してください。
    • 実行コマンド
      # /opt/Guardian/Admin/support/pushWebWG -r httpd
 
注意事項

※設定変更時に検査サーバーのサービス再起動が発生します。

対象製品・バージョン
GUARDIANWALL Webセキュリティ, WEBGUARDIAN(旧製品)

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。