キヤノンITソリューションズ株式会社
GUARDIANWALLシリーズ
GUARDIANWALL MailSuite GUARDIANWALL WebFilter
サポート情報(GUARDIANWALLシリーズ)
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 44
  • 公開日時 : 2017/12/22 14:53
  • 更新日時 : 2020/10/27 17:09
  • 印刷

GUARDIANWALL / WEBGUARDIAN におけるサポートレポートの取得方法

回答

GUARDIANWALL サポートに障害などの調査を依頼される際に、お客様環境の資料をいただく場合があります。
その際、GUARDIANWALL / WEBGUARDIAN では、サポートで調査に必要な資料の一部を「サポートレポート」として取得することが可能です。
 
ここでは、「サポートレポート」の取得方法についてご案内しています。
「サポートレポート」の取得手順はお客様のご利用バージョンにより異なります。
なお、本作業はサービス起動中に実行しても動作に影響はありません。

◆サポートレポート取得手順

◎GUARDIANWALL V8.0.00 / WEBGUARDIAN V4.0.00 以降のバージョンの場合
 
以下手順で管理画面よりサポートレポートを取得します。

1.サポートレポート取得画面へ移動
 
管理画面[共通]→[データ管理]→[サポートレポート]の順に画面を移動します。


2.サポートレポート取得の実行
 
以下チェックを入れて[保存]ボタンをクリックして、ダウンロードしてください。
 
サーバー種別 管理サーバー、メール、ウェブ
取得データ システムログ
    プロセスの状態 / ディスクの使用状況 / アーカイブ保存ファイルリスト
    インストール履歴
    設定バックアップ

※システムログの期間は事象発生期間を指定してください。


3.ファイルのダウンロード
 
実行後、以下のファイルが生成されます。
生成されたファイルをダウンロードし、任意のフォルダに保存してください。
  • ファイル名
    gssupport-YYYYMMDDhhmmss.tar.gz
 
◎GUARDIANWALL V7.5.01 / WEBGUARDIAN V3.7.00 以前のバージョンの場合
 
「サポートレポート取得ツール」を利用して取得します。


1.ツールの準備
 
サポートレポート取得ツール「guts_support_info」を、本ページ下部よりダウンロードし、
管理サーバーの任意のディレクトリに保存します。
※同名のファイルが既に存在する場合、別名で保存してください。


2.コマンドラインでのツールの実行
 
以下のコマンドを順に実施し、ツールを実行してください。
# cd <guts_support_info を保存したディレクトリ>
# chmod a+x guts_support_info
# ./guts_support_info --adm --web --mail --log YYYYMMDD --pda --back --his

※ YYYYMMDDの部分は、ログ取得の期間となります。事象の発生した日付に置き換えてください。
※ 上記コマンドはすべて「root」ユーザーで実施してください。
※ 手順1.でツールを別名で保存した場合は、ツールの実行の際に読み替えてください。


3.ファイルの保存
 
実行後、以下のファイルが生成されます。
生成されたファイルを FTP など任意の方法にて取得し、任意のフォルダに保存してください。
  • ディレクトリ名
    /opt/Guardian/Admin/tmp
  • ファイル名
    YYYYMMDD-hhmmss.tar.gz


 
対象製品・バージョン
GUARDIANWALL(旧製品), WEBGUARDIAN(旧製品)
添付ファイル : 
guts_support_info

【 よりよいサポート情報のご提供のため、アンケートにご協力ください! 】疑問や問題は解決されましたか?

よろしければ、理由をお聞かせください。(手順3がわかりにくかった、手順を実施してもエラーが解消されなかった、など) ご質問をお送りいただいても、回答することができません。ご注意ください。